ハロウィンはハロウィーンとも言われますが、近頃日本でも注目されるようになったイベントです。
ハロウィーンと言えば仮装行列や仮想パーティを連想する人も多いでしょうね。かぼちゃのお化けであるジャック・オー・ランタンなど有名なキャラクターもいますね。
ハロウィンについていろんな使える情報を集めました。あなたのハロウィンに役立つといいですね!

2016年03月12日

アゼルバイジャン語、新しいゼーランド、など独り言

[アゼルバイジャン語]をぶつぶつ

アゼリー語ともよばれます。

トルコ語によく似ており、トルコ語が使える人には理解できる場合もあるようです。

アゼルバイジャンの公用語であり、イラン北西部にも使う人が多いそうです。

グルジア、アルメニア、イラク北部、トルコ、ロシア連邦のダゲスタン共和国などでも使う人がいるそうです。






[ノーム]

ベーリング海に面したノートンサウンドのスワード半島南海岸に位置します。

アラスカ州ではかつて最も人口が多い都市であったときもありました。

というのも金の発見がその理由です。

そのゴールドラッシュ時代の栄華も過去のものとなり、建物の大半は大火や嵐でなくなっているのでした。






[新しいゼーランド]

ゼーランド、つまり「海の国」に、新しいのニューがくっついて、ニュージーランドとなっています。

これは、この島を発見したオランダ人のタスマンが名づけたものです。

故国のオランダの海岸地方を思ってつけたといわれています。

とはいえ、海だけではなく、山とか自然の豊かな国ですね。







[フランクフォート]

ケンタッキー州の州都がフランクフォートです。

ケンタッキーというとフライドチキンをイメージするのは私だけではないと思います。

聞き覚えのある州なのに、案外州都の名前は初めてという人も少なくないと思います。

日本とはあまりかかわりがないということでしょうか。






[バーリントン ]

シャンプレーン湖の湖岸に位置し、バーモント州で最も大きい都市です。

パブリック・アイビーと称される名門であるバーモント大学があります。

市のメインストリートはチャーチ・ストリートで、中心となるマーケット・プレイスは地元住民・学生・旅行客で賑わんだそうです。

posted by はろは at 05:32| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする