ハロウィンはハロウィーンとも言われますが、近頃日本でも注目されるようになったイベントです。
ハロウィーンと言えば仮装行列や仮想パーティを連想する人も多いでしょうね。かぼちゃのお化けであるジャック・オー・ランタンなど有名なキャラクターもいますね。
ハロウィンについていろんな使える情報を集めました。あなたのハロウィンに役立つといいですね!

2017年07月13日

カシューブ語、アブハズ語、など独り言

[カシューブ語]をぶつぶつ

公用語ではないものの、ポモージェ地方の一部の郡では公式の場でも使われるそうです。

ポメラニアのバルト海沿岸の地域にいたカシューブ族の言語から発展したんだそうです。

ポメラニアとは現ポーランド北西部からドイツ北東部にかけて広がる地域です。

表記はラテン文字が使われます。






[グレンデール]

ロサンゼルスの市街地にも近い郊外都市のひとつです。

スイスの多国籍食品会社ネスレがアメリカ本部を置くなど、ビジネスでも知られる土地です。

文化に目を向けると、グレンデール交響楽団があります。

日本とも関係が深く、たとえば東大阪市が姉妹都市のひとつとなっています。







[アブハズ語]

60前後の子音があるものの、母音は広母音と狭母音の2つとその変化だそうです。

もともとは文字を持たない言語だったそうです。

でも19世紀後半からキリル文字やラテン文字が使われるようになりました。

グルジアのアブハジア自治共和国や、トルコ北東部で使われているそうです。







[バロー]

かつてここは北極海の捕鯨基地や毛皮交易地であったそうです。

アメリカ合衆国では最も北にある都市です。

現在は、夏の白夜や冬のオーロラでしられる観光地になっているそうです。

最北端の岬であるバロー岬にちなんだ名前とのことですが、その前はユトクィアグヴィックと呼ばれていたそうです。





[サンタクルーズ]

カリフォルニア州中部サンタクルーズ郡最大の都市といわれ、郡庁所在地でもあります。

モントレー湾の北端にあり、サンフランシスコからも100キロちょっとです。

もともとはオローニ族インディアンが住んでいた土地でした。

1769年、スペイン人探検家ガスパル・デ・ポルトラが来たのが変化の発端でした。

ラベル:カシューブ語
posted by はろは at 05:19| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする