ハロウィンはハロウィーンとも言われますが、近頃日本でも注目されるようになったイベントです。
ハロウィーンと言えば仮装行列や仮想パーティを連想する人も多いでしょうね。かぼちゃのお化けであるジャック・オー・ランタンなど有名なキャラクターもいますね。
ハロウィンについていろんな使える情報を集めました。あなたのハロウィンに役立つといいですね!

2018年03月13日

グーグ・イミディル語、ウォロフ語、など独り言

[グーグ・イミディル語]をぶつぶつ

オーストラリア諸語のひとつです。

クイーンズランド州北部で用いられているようです。

グーグ・イミディル族の言語で、標記はラテン文字が用いられます。

ちなみにカンガルーという言葉は、この言語が由来のようです。

オーストラリアが英語が公用語ですが、少数言語のひとつです。






[オーロラ]

コロラド州の都市ですが、アラパホ郡とアダムズ郡にまたがるという珍しい都市です。

デンバーに近く、以前はデンバーの郊外というイメージが強かったようですが、人口がものすごく増えたことで、一目置かれるようになったみたいです。

もともとはフレッチャー町という名前だったそうです。







[ウォロフ語]

セネガル、ガンビア、モーリタニアにかけて使われる現地語です。

ウォロフ族の言語です。

最も多いのがセネガルですが、セネガルの公用語はフランス語です。

ちなみにガンビアの公用語は英語、モーリタニアの公用語はアラビア語です。

そのためかフランス語、英語、アラビア語の混ざった言葉が話されているそうです。



続きを読む
posted by はろは at 04:08| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

グアンチェ語、ウェールズ語、など独り言

[グアンチェ語]をぶつぶつ

現在は使われることが無くなった言語のひとつです。

スペインのカナリア諸島に住む先住民だったグアンチェ人が使っていた言葉とのことで、時期は16世紀か17世紀までとのことです。

グアンチェ人は文字を用いなかったといわれています。

そのため痕跡も限られているようです。






[アスペン]

コロラド州西部に位置し、ピトキン郡の郡庁所在地です。

銀鉱山の町として創設され、ものすごく発展したものの、恐慌を機にさびれました。

しかし、良質な雪質を活かして、スキーリゾートとして生まれ変わり、そして高級リゾート地となっていきました。

ロッキー山中にある都市です。







[ウェールズ語]

ウェールズで話される言語で、英語とともに公用語とされています。

ウェールズはグレートブリテン島の南西にあります。

イギリスを構成するイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国の一つです。

アルゼンチン・チュブ州にも移民の関係でウェールズ語を使う人がいるそうです。



続きを読む
ラベル:グアンチェ語
posted by はろは at 04:07| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

インバウンド対応、ウィルタ語、など独り言

[インバウンド対応]をぶつぶつ

訪日客のお金の使い方をみると、電気製品などから、日用品にも広がってきているようです。

つまりコンビニなどのお店でも外国人の対応する機会が増えているのでした。

販売員が英語や中国語などで接客する機会も増えています。

語学力の重要性が徐々に高まっているのでした。






[アーバダ]

ロッキー山脈に近いコロラド州のジェファーソン郡とアダムズ郡の両方にまたがる都市です。

州都のデンバーに近く、2000年には人口も10万人を越えた大きな都市です。

デンバーとボルダーのベッドタウンとしての側面もあります。

デンバー国際空港やロッキー山脈都市圏空港が近いです。






[ウィルタ語]

ロシアのサハリンのウィルタ民族が使う言語です。

黒竜江中流に分布するオロチ語と類似しているそうです。

ウィルタはサハリン(樺太)では中部・北部に暮らしていました。

南部のアイヌや、北部のニヴフとも交易していたそうです。

アイヌからはオロッコと呼ばれていたようです。



続きを読む
posted by はろは at 04:11| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

グアラニー語、ウィラドゥリ語、など独り言

[グアラニー語]をぶつぶつ

南アメリカ先住民の言語のひとつです。

パラグアイではスペイン語と共に公用語となっています。

地方部では住民の半数がグアラニー語のみを母語としているそうです。

ボリビアでも公用語となっています。

アルゼンチンのコリエンテス州ではスペイン語に次ぐ第二公用語です。





[モスコー]

ロシアのモスクワと同じ綴りですが、名前の由来は関係ないそうです。

モスコーの前はパラダイスバレーという名前だったようです。

アイダホ州の北西部にある都市です。

ワシントン州の州境に近く、ワシントン州との都市とのつながりも深いのでした。

北東にはモスコー山をはじめ、パロース山地の山々が連なります。






[ウィラドゥリ語]

オーストラリアの先住民族の言語の一つのようです。

ニューサウスウェールズ州のウォガウォガやダボなどの地名はこの言語に由来するようです。

一度母語として話す人がいなくなったようですが、復活のため学校での教育も行われたようです。

はたして教育で復活できるものなのでしょうか。


続きを読む
ラベル:グアラニー語
posted by はろは at 04:13| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

キルギス語、ウイグル語、など独り言

[キルギス語]をぶつぶつ

キルギス共和国の国語です。

キルギスは、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和制国家です。

公用語としてロシア語も使われています。

キルギスだけではなく、中華人民共和国の新疆ウイグル自治区や、カザフスタンなどなどに住むキルギス人によっても使われます。





[ブラックフット]

ジャガイモの州といわれるアイダホ州にある都市です。

「世界のじゃがいも首都」とも呼ばれるそうです。

まさにジャガイモの州を代表する都市かもしれません。

ビンガム郡に位置し、そしてその郡庁所在地でもあります。

名前からは、ジャガイモに結びつかないスマートな感じがするのですが。






[ウイグル語]

中央アジアで使われています。

中国、カザフスタン、キルギスタン、ウズベキスタンなどです。

古ウイグル語と新ウイグル語に分けられ、新ウイグル語は現代ウズベク語と非常に近しいんだとか。

アラビア語・ペルシア語・ロシア語などからの借用語の語彙も多いそうです。



続きを読む
ラベル:キルギス語
posted by はろは at 04:14| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

キリバス語、インドネシア語、など独り言

[キリバス語]をぶつぶつ

主にギルバート諸島(キリバス)で話される言語です。

キリバスは太平洋上に位置する国です。

キリバスのほか、フィジー、マーシャル諸島、ナウル、ソロモン諸島、ツバル、バヌアツなどでも使われるそうです。

VOS型言語に分類されます。

キリバスでは英語も公用語となっています。





[ルイストン]

アイダホ州で唯一の海港として知られるルイストン港があります。

スネーク川と、クリアウォーター川が合流しています。

アイダホ州のネズパース郡の郡庁所在地でもあります。

短い期間ではありますが、アイダホ準州時代に州都であったこともあります。

ここからボイシに州都が移ったのでした。






[インドネシア語]

マレー語のリアウ州の一方言を、国家の共通語としたものなんだそうです。

インドネシア共和国の国語です。

マレーシア語と似ているため、お互いに通じる言葉というだけじゃなく、正書法も同じなんだとか。

ある意味便利な感じがしますね。

タガログ語とも似ているそうで、フィリピンとの近さも感じます。



続きを読む
ラベル:キリバス語
posted by はろは at 04:11| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

ギリシア語、イングーシ語、など独り言

[ギリシア語]をぶつぶつ

欧州連合でも公用語として用いられる、歴史の古い言語です。

ギリシアはもちろん、キプロスでも公用語となっています。

学名や専門用語にも使われていることで知られます。

表記にはギリシア文字が用いられます。

アルバニアや、イタリア、マケドニアなどでも使われているのでした。







[メリディアン]

もともとの町はハンターと呼ばれていたそうです。

ボイシ・メリディアン(ボイシを通る経線)ということから、メリディアンという都市名になったんだとか。

アイダホ州エイダ郡にある都市です。

トレジャー・バレーに位置し、大きな都市として知られます。

大きな教育学区として、メリディアン教育学区も州内では有名です。





[イングーシ語]

北東コーカサス語族のナフ語派に属する言葉なんだとか。

ロシア連邦イングーシ共和国の公用語です。

アラビア文字やラテン文字が使われたこともあるそうですが、今はキリル文字が使われています。

ちなみにイングーシ共和国ではロシア語も公用語で、両方の言葉が使える人が多いんだとか。



続きを読む
ラベル:ギリシア語
posted by はろは at 04:08| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

キリヴィラ語、イロカノ語、など独り言

[キリヴィラ語]をぶつぶつ

パプアニューギニアのトロブリアンド諸島にて話されている言語です。

表記にはラテン文字が使われます。

パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分と近くの島々です。

公用語は英語ですが、ものすごく豊富な言語があることでも世界的に知られます。





[ポカテッロ]

ショショーニ族インディアンの酋長ポカテッロにちなんだ都市名です。

ホール砦インディアン居留地を横切る鉄道に通行権を認めた人物なんだとか。

アイダホ州南東部のバノック郡にある都市です。

アイダホ州立大学もあり大きな都市です。

岩見沢市と姉妹都市になっています。






[イロカノ語]

タガログ語、セブアノ語に次いでフィリピンで使われる言語だそうです。

マレー・ポリネシア語派に属する言語なんだとか。

書くときはラテン文字が用いられるようですが、もともとはカウィ文字の一種が使われていたそうです。

スペインの植民地になったあとに変ったようです。




続きを読む
ラベル:キリヴィラ語
posted by はろは at 04:13| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

キナライア語、イリュリア語、など独り言

[キナライア語]をぶつぶつ

フィリピンのアンティーケ州、イロイロ州で用いられる言語です。

フィリピンでは公用語はフィリピン語と英語ですが、母語として用いられる言語が非常に多いです。

そんな多様な言語のひとつなのでした。

なおアンティーケ州、イロイロ州はともにパナイ島にある州です。






[ナンパ]

ボイシの衛星都市として栄えた都市です。

ボイシから西に約30キロ程度と近いです。

ちなみにボイシはアイダホ州の州都です。

ナンパには24の公園があるそうです。

そのなかでも大きいのが、レイクビュー公園なんだとか。

あとアイダホセンターも複合娯楽施設として知られています。






[イリュリア語]

紀元前1000年ごろに最も話されていたという言語なんだとか。

古い言語で5世紀頃には使われなくなり姿も消してしまいました。

でもアルバニア語には、イリュリア語起源の単語が残っているそうです。

なんだか興味深いですね。

場所はバルカン半島西部で使われていたようです。


続きを読む
ラベル:キナライア語
posted by はろは at 04:06| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

キチェ語、イラク語、など独り言

[キチェ語]をぶつぶつ

グアテマラ中部の山地に住むキチェ族の言語です。

グアテマラは中央アメリカ北部に位置する国です。

先コロンブス期にはマヤ文明が栄えたことでも知られます。

スペイン語が公用語とされているものの、キチェ語ほか21種類のマヤ系言語が用いられています。

そのほか非マヤ系言語も用いられています。





[ツインフォールズ]

市の北西部に、大型のコミュニティ・カレッジで知られる南アイダホ・カレッジがあります。

ツインフォールズは教育面でも評判がいいみたい。

マジック・バレー地域において最大の都市とされ、商業の中心としても知られます。

アイダホ州のツインフォールズ郡の郡庁所在地でもあります。





[イラク語]

タンザニアなどに住むイラク族の言葉です。

イラクというと中東の国のイラクをイメージしそうですが違います。

中東のイラクではアラビア語とクルド語が公用語です。

タンザニアにおいてもメインの言葉というわけではないです。

なぜならタンザニアの公用語はスワヒリ語と英語です。






[レイクハバスシティ]

ロンドン橋やノーティカル・ビーチフロント・リゾート、ハバス湖とコロラド川など見どころの多いところです。

アリゾナ州モハーヴェ郡にある都市です。

そのほか、ウィラー公園や水性植物センターなどもあります。

ちなみに第二次世界大戦中にハバス湖岸にできたアメリカ陸軍航空隊休養キャンプが始まりだったんだとか。



続きを読む
ラベル:キチェ語
posted by はろは at 05:06| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

北ンデベレ語、イボ語、など独り言

[北ンデベレ語]をぶつぶつ

この言語は、ジンバブエ南西部で話される言語だそうです。

ボツワナでも使われているようです。

表記の文字にはラテン文字が用いられます。

南アフリカ共和国の南ンデベレ語は近縁みたいですが、別の言語なんだとか。

ちなみにジンバブエはアフリカ大陸の南部に位置する共和制の国家です。






[コー・ダリーン]

かつては金や銀の鉱山で栄えたことで発展した都市です。

アイダホ州では北西部にあり、クートニー郡の郡庁所在地です。

近年はかつて盛んだった鉱業や林業は廃れ、避暑地・リゾート地としてよく知られるようになっています。

コー・ダリーン湖に面し、コー・ダリーン国有林に囲まれる都市です。






[イボ語]

アフリカの大きな民族の一つであるイボ人が使う言葉です。

ナイジェリア、カメルーン、赤道ギニアなどに住みます。

米国などへの移住もあり、イボ語は米国でも使われているんだとか。

イボ語は声調言語なんだそうで、表記にはラテン文字が使われるようです。

音韻論の研究対象としても知られます。



続きを読む
ラベル:北ンデベレ語
posted by はろは at 05:09| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

北ユカギール語、イバナグ語、など独り言

[北ユカギール語]をぶつぶつ

ツンドラ・ユカギール語とも呼ばれます。

その名前についているように、インディギルカ川とコリマ川の間の低地のツンドラで話されます。

ユカギール語族のひとつで、ロシアで使われる言語のひとつです。

かつては西はレナ川に至るより広い範囲でも使われていたようです。






[アイダホフォールズ]

アイダホフォールズ・チャカーズというマイナーリーグの野球チームが本拠地を置いています。

アイダホ州東部のボンネビル郡の郡庁所在地です。

郡のなかでは最大ともいわれる都市です。

ところで、最初からアイダホフォールズという名前だったのではなく、住民投票で1891年からこの名前になったのでした。





[イバナグ語]

オーストロネシア語族に属する言語なんだそうです。

イバナグ族が使う言葉で、フィリピン・ルソン島のカガヤン州、イサベラ州などです。

カガヤン州はルソン島では北東端です。

イサベラ州はその南に位置します。

ルソン島には数多くの言語が使われており、この言語もその中の一つです。


続きを読む
posted by はろは at 05:07| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

北ソト語、イヌピアック語、など独り言

[北ソト語]をぶつぶつ

南アフリカ共和国の公用語の一つとなっており、ハウテン州、リンポポ州、ムプマランガ州で用いられています。

ソト語(南ソト語)やツワナ語に近い言葉です。

英語も公用語となっていて、公用語は全部で11語あるのでした。

ちなみに英語は大都市等で話される程度のようです。







[マーシャルタウン]

この場所に最初に入ったヨーロッパ人はヘンリー・アンソンといわれます。

そして実はその子供のキャップ・アンソンは、1939年にアメリカ野球殿堂入りするほどのベースボールプレーヤーでした。

メジャーリーグで選手も監督も経験した人物です。

アイオワ州のマーシャル郡の郡庁所在地です。






[イヌピアック語]

アメリカ合衆国のアラスカ州北部とか、北西部の北極海沿岸地域に住むイヌピアトが使う言葉です。

イヌピアトは、先住民族です。

イヌピアットとも呼ばれるみたいです。

人種的にはモンゴロイドですが、それ以外ではインディアンとの共通点はないそうです。

寒いところで使われる言葉です。


続きを読む
ラベル:北ソト語
posted by はろは at 05:07| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

キクユ語、イヌクティトゥット語、など独り言

[キクユ語]をぶつぶつ

ケニアで話される最大言語のひとつなんだそうです。

表記にはラテン文字が用いられています。

キクユ語で文筆活動を行う作家もいるそうです。

方言が幾つかあり、たとえば北ギクユ方言、南ギクユ方言、ギチュグ方言、マジラ方言などがあります。

過去形が先ほど・今日・昨日以前・おととい以前の区別があるんだとか。





[バーリントン]

アイオワ準州の創設時には準州都であったことなど、歴史と文化にあふれた都市です。

アイオワ州の南東部にあり、ミシシッピ川西岸の都市です。

デモイン郡ヘリテージ・センター博物館や、バーリントン記念講堂など見どころもたくさんあります。

クレーポ公園は国家歴史登録財にも登録されています。






[イヌクティトゥット語]

「イヌイットのように」という意味の言語名なんだそうです。

カナダのエスキモー系の民族であるイヌイットが広く使っている言語です。

ちなみに公用語となっているのは、ヌナブト準州とノースウェスト準州です。

カナダの公用語は英語やフランス語が有名ですが、ほかにもあるということですね。



続きを読む
ラベル:キクユ語
posted by はろは at 05:08| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

官話、イナリ・サーミ語、など独り言

[官話]をぶつぶつ

中国語の方言区分のひとつとされています。

近現代における標準中国語としての国語、普通話、華語の基礎となったそうです。

広い中国だけに、中国語もいろいろですからね。

官話方言、北方方言、北方話などとも呼ばれるそうです。

でも南方地域でも使われているようなので、北というのは違和感があるかも。






[ダベンポート]

住みやすい都市の表彰を2007年に受けるなど、いい土地のようです。

シカゴと州都デモインの中間地点にあります。

アイオワ州では東部で、スコット郡に属し、その郡庁所在地です。

ミシシッピ川の河畔にあります。

よく知られた音楽祭が開かれる土地としても知られています。






[イナリ・サーミ語]

サーミ語の一つであり、フィンランドのイナリ基礎自治体に住むイナリ・サーミ人が使います。

イナリはレンメンヨキ国立公園やウルホ・ケッコネン国立公園などで知らるところです。

フィンランド語、イナリ・サーミ語、スコルト・サーミ語、北部サーミ語が公式言語となっています。



続きを読む
ラベル:官話
posted by はろは at 05:08| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

カンブリア語、イテリメン語、など独り言

[カンブリア語]をぶつぶつ

今はもうなくなった言語の一つです。

イングランド北部、スコットランド南部にて話されていたといわれています。

12世紀には消滅したと考えられている言語で、ずいぶん古い時代になくなった言語のようです。

言語がなくなるって、どのような時代背景が隠されているのでしょうね。






[ダビューク]

ミシシッピ川に面する都市で、アイオワ州北東部のダビューク郡の都市です。

アイオワ・イリノイ・ウィスコンシンの3州が境をなす場所で、「トライ・ステート・エリア」などという呼ばれ方もされます。

とくに歴史の古い年で、アイオワ州では最古の都市としても知られます。







[イテリメン語]

かつてはカムチャダール語とも呼ばれたそうです。

ロシアのカムチャツカ半島西部に残る言語です。

イテリメン族の固有言語と言われています。

ソビエト時代の同化政策などの影響を受けて言葉も変わったようです。

キリル文字が表記に使われるようですが、過去にはラテン文字を使おうとした取り組みがとん挫したこともあったようです。




続きを読む
ラベル:カンブリア語
posted by はろは at 05:07| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

カンナダ語、イディッシュ語、など独り言

[カンナダ語]をぶつぶつ

ドラヴィダ語族の中でもっとも古い言語のひとつといわれています。

南インド4州の一つ、カルナータカ州では公用語となっています。

表記は独自の文字で、カンナダ文字が用いられます。

2500年にわたって話される非常に歴史のある言語のひとつです。

屈折語といわれる特徴があります。






[地方空港の国際便]

東南アジアに行くとき、地方空港からも直接行けるようになってます。

昔なら考えられない事かも。

チャーター便や定期便が、地方空港から直接でています。

例えば、新千歳空港からはマレーシアやタイに直行便があります。

福岡空港もジャカルタへの運航があります。

地方にとっても海外が身近なものになっています。






[イディッシュ語]

ユダヤ自治州とかで使われており、あるいはスウェーデンとロシアでは少数言語として認定されているそうです。

ドイツ語のなかの一つの方言という見方もされるそうです。

ちなみに「Yid」はユダヤ人を表すそうで、ユダヤ語の意味もあり、ユダヤドイツ語とも呼ばれるんだとか。




続きを読む
ラベル:カンナダ語
posted by はろは at 05:09| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

広東語、イタリア語、など独り言

[広東語]をぶつぶつ

「かんとんご」と読みます。

中国の広州のみならず香港、マカオのほか、マレーシア、シンガポール、ブルネイの華人などに使われる言語です。

欧米やオセアニアの華系社会でも主要な言語です。

表記には繁体字が用いられます。

歴史的な背景もあり、英語からの借用語が多いという特徴もあります。






[スーシティ]

ミズーリ川の航行可能な上限に位置します。

ウッドベリー郡の郡庁所在地ですが、プリマス郡にもまたがっています。

モーニングサイド・カレッジ、ブライアー・クリフ大学、セントルークス・カレッジなどの学校でも知られます。

ウォーイーグル公園、リバーサイド公園など数々の見どころもあります。





[イタリア語]

世界でも有名な言語の一つです。

多くの国や地域で使われているメジャーな言葉です。

イタリア、サンマリノ、スイスでは公用語として使われます。

ちなみにスイスでは、ドイツ語が最も多く使われ、次いでフランス語、そしてイタリア語という順番です。

四番手のロマンシュ語まで公用語とされています。



続きを読む
ラベル:広東語
posted by はろは at 05:09| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

ガンダ語、イーサーン語、など独り言

[ガンダ語]をぶつぶつ

ウガンダの主要な言語であり、公用語となっています。

首都カンパラを含むウガンダ南部のガンダ人などが使う言語です。

表記にはラテン文字を用います。

ところでウガンダは東アフリカに位置する海のない内陸国です。

イギリス連邦加盟国で、英語が公用語となっています。





[シーダーラピッズ]

シーダー川の両側に広がる都市です。

アイオワ州のリン郡に位置し、この郡の郡庁所在地でもあります。

「5つの季節の都市」という渾名もあるそうです。

「5つ」というのはなんだか気になります。

四季に加えて、四季を楽しむためのときを「5つ目の季節」との解釈なんだとか。

分かったような、分からないような。






[イーサーン語]

タイで使われる言葉のひとつです。

言語学上はラーオ語と同じ言語集団なんだとか。

ラオス国内のラーオ語とイーサーン語の違いを挙げると主に2つ。

イーサーン語を表記する場合にはタイ文字が使われ、ラーオ語はラオス文字が使われます。

ラオス語はフランス語由来の外来語が多く、イーサーン語は英語由来の外来語が多いです。





続きを読む
ラベル:ガンダ語
posted by はろは at 05:07| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

カレリア語、アンダマン諸語、など独り言

[カレリア語]をぶつぶつ

フィンランド語に近いのでフィンランド語の方言といわれることもあるんだとか。

ロシア連邦カレリア共和国のカレリア人が用いる言語です。

表記にはラテン文字が用いられるのでした。

そこもフィンランドに近いのかな。

でも相互理解が難しいくらいの違いはあるようです。






[カウンシルブラフス]

オマハ大都市圏を構成する都市のひとつで、ミズーリ川の東岸に位置します。

所属するアイオワ州のポタワタミー郡では、郡庁所在地です。

黒リスが市のマスコットになっています。

ベイリス公園には、ウェルスプリングと名付けられた新しい噴水が知られます。

カジノ街もあるようです。





[アンダマン諸語]

インド東部のベンガル湾に位置するアンダマン諸島で使われている言語の総称です。

多くの言葉が話者がいなくなり消滅しているようです。

言語の研究もあまり進んでいないそうで、知られないまま姿を消していくことばも結構あるのかな。

ジャラワ語やオンゲ語、センティネル語なども含まれます。



続きを読む
ラベル:カレリア語
posted by はろは at 05:07| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする