ハロウィンはハロウィーンとも言われますが、近頃日本でも注目されるようになったイベントです。
ハロウィーンと言えば仮装行列や仮想パーティを連想する人も多いでしょうね。かぼちゃのお化けであるジャック・オー・ランタンなど有名なキャラクターもいますね。
ハロウィンについていろんな使える情報を集めました。あなたのハロウィンに役立つといいですね!

2018年04月07日

クメール語、ウドムルト語、など独り言

[クメール語]をぶつぶつ

カンボジアでは、全人口の約9割を占めるクメール人が使う言語です。

カンボジアの国語および公用語となっていて、カンボジア語ともいいます。

隣国タイ、ベトナム、ラオスにも、カンボジアに近いところでは母語として用いる人たちがいます。

声調、アクセントの存在しないという特徴のある言語です。







[デュランゴ]

かつては、鉱山の町として栄えたところでした。

鉱山もすたれ、現在は観光都市となっています。

フォー・コーナーズと呼ばれる地域の中心都市のひとつです。

コロラド州ラプラタ郡の郡庁所在地にもなっています。

歴史的な街並みを残すとともに、アウトドア活動の拠点としても有名です。





[ウドムルト語]

ヴォチャーク語と呼ばれることもあるようです。

ロシア連邦のウドムルト共和国で、ロシア語とともに公用語として用いられている言語です。

表記にはキリル文字が使われるようです。

語順が比較的自由という特徴があります。

ほかにはカザフスタンでも使われているようです。




続きを読む
ラベル:クメール語
posted by はろは at 04:10| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

クムザール語、ウデゲ語、など独り言

[クムザール語]をぶつぶつ

オマーンの飛び地であるムサンダム特別行政区のクムザールで使われる言語です。

クムザール人の話すことばです。

オマーンは絶対君主制国家で、中東および西アジアにあります。

公用語はアラビア語ですが、バローチ語やシャフラ語、英語なども広く使われています。





[コロラドスプリングス]

コロラド州中南部にあり、エルパソ郡の郡庁所在地でもあります。

また西に隣接するテラー郡にもまたがります。

ロッキー山脈のパイクスピーク東麓にあり、観光地としての側面もあります。

州都デンバーからも100キロ程度と近いです。

アメリカ合衆国オリンピック委員会もあります。





[ウデゲ語]

ラテン文字表記とキリル文字表記があるそうです。

主にロシア国内の沿海州シホテアリン山脈周辺に住むウデゲ族の言語です。

分類ではツングース諸語に属するんだとか。

ナナイ族が使うナナイ語から様々な語を借りています。

ウデゲ族の人たちはロシア語も話すようです。




続きを読む
ラベル:クムザール語
posted by はろは at 04:11| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

クムク語、ウズベク語、など独り言

[クムク語]をぶつぶつ

ロシアのダゲスタン共和国などに居住するクムイク人が使い、クムイク語とも呼ばれます。

表記にはキリル文字が使われます。

ちなみにダゲスタン共和国は、カスピ海に面し、その西側に位置しています。

チェチェン共和国や、北オセチア共和国にも話者が住んでいます。





[センテニアル]

2001年に市制がしかれた、新しい市です。

デンバー・オーロラ・ブルームフィールド都市圏の都市です。

コロラド州はアラパホ郡にあります。

安全で裕福な市のようです。

市内には多くの丘、小峡谷および谷があり、野生生物もけっこういるんだとか。

また市境は非常に複雑になっているようです。






[ウズベク語]

正書法が、アラビア文字、ラテン文字、キリル文字としばしば変更されたそうです。

語彙にアラビア語、ペルシア語、ロシア語を多く含んだり、影響を受けているようです。

ウズベキスタンの公用語で、一番多くの話者がいるそうですが、中央アジアに広く使い手がいるそうです。


続きを読む
ラベル:クムク語
posted by はろは at 04:11| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

国頭語、ウクライナ語、など独り言

[国頭語]をぶつぶつ

「くにがみご」と読みます。

琉球語のうち、沖縄諸島北部とか、鹿児島県奄美群島の与論島・沖永良部島などで、話されているそうです。

主に旧北山王国の領域で話される方言のこと。

ちなみに沖縄北部方言だけを指して国頭方言(国頭語)と呼ぶこともあるそうです。





[ブルームフィールド]

デンバー・オーロラ・ブルームフィールド都市圏にある統合市郡です。

名前の由来はその地域で栽培されていたブルームコーンです。

コロラド州では北部の中央に位置します。

合併により4つの郡にまたがるかたちとなり、統合市郡となりました。

ちなみに長野県上田市と姉妹都市になっているのでした。






[ウクライナ語]

スラヴ語派においてはロシア語、ポーランド語に次いで話者が多いといわれる言語です。

ウクライナの公用語です。

ウクライナ人が国外にも住み、使うため様々な場所に広まっています。

たとえばロシア、ベラルーシ、カザフスタン、ポーランド、さらにアメリカやオーストラリアにもいるそうです。



続きを読む
ラベル:国頭語
posted by はろは at 04:11| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

グジャラート語、ウガリット語、など独り言

[グジャラート語]をぶつぶつ

インド西部のグジャラート州の公用語です。

インド連邦レベルにおいても、憲法の第8付則に定められた22の指定言語のうちの一つとされています。

名詞は、男性名詞・女性名詞・中性名詞の3つの性を持つのが特徴です。

インドのほかにも、ウガンダ、パキスタン、ケニアなど数々の国でも使われています。






[ボルダー]

コロラド大学ボルダー校があり、学生が多いです。

ちなみにコロラド州内で最大規模の大学として知られます。

ロッキー山脈とグレートプレーンズとの間に位置しているボルダーバレーの都市です。

コロラド州ボルダー郡ですが、州都のデンバーに近く、40kmほどしか離れていないです。





[ウガリット語]

現在のシリア・アラブ共和国西部の都市であるラス・シャムラにあった古代都市国家で使われた言葉です。

ウガリットの全盛期は紀元前1450年頃から紀元前1200年頃だそうで古い文明ですね。

地中海沿岸で、当時の国際的な港湾都市だったそうです。

文字はやや簡略化された楔形文字が使われていたそうです。


続きを読む
posted by はろは at 04:12| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

グーグ・イミディル語、ウォロフ語、など独り言

[グーグ・イミディル語]をぶつぶつ

オーストラリア諸語のひとつです。

クイーンズランド州北部で用いられているようです。

グーグ・イミディル族の言語で、標記はラテン文字が用いられます。

ちなみにカンガルーという言葉は、この言語が由来のようです。

オーストラリアが英語が公用語ですが、少数言語のひとつです。






[オーロラ]

コロラド州の都市ですが、アラパホ郡とアダムズ郡にまたがるという珍しい都市です。

デンバーに近く、以前はデンバーの郊外というイメージが強かったようですが、人口がものすごく増えたことで、一目置かれるようになったみたいです。

もともとはフレッチャー町という名前だったそうです。







[ウォロフ語]

セネガル、ガンビア、モーリタニアにかけて使われる現地語です。

ウォロフ族の言語です。

最も多いのがセネガルですが、セネガルの公用語はフランス語です。

ちなみにガンビアの公用語は英語、モーリタニアの公用語はアラビア語です。

そのためかフランス語、英語、アラビア語の混ざった言葉が話されているそうです。



続きを読む
posted by はろは at 04:08| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

グアンチェ語、ウェールズ語、など独り言

[グアンチェ語]をぶつぶつ

現在は使われることが無くなった言語のひとつです。

スペインのカナリア諸島に住む先住民だったグアンチェ人が使っていた言葉とのことで、時期は16世紀か17世紀までとのことです。

グアンチェ人は文字を用いなかったといわれています。

そのため痕跡も限られているようです。






[アスペン]

コロラド州西部に位置し、ピトキン郡の郡庁所在地です。

銀鉱山の町として創設され、ものすごく発展したものの、恐慌を機にさびれました。

しかし、良質な雪質を活かして、スキーリゾートとして生まれ変わり、そして高級リゾート地となっていきました。

ロッキー山中にある都市です。







[ウェールズ語]

ウェールズで話される言語で、英語とともに公用語とされています。

ウェールズはグレートブリテン島の南西にあります。

イギリスを構成するイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国の一つです。

アルゼンチン・チュブ州にも移民の関係でウェールズ語を使う人がいるそうです。



続きを読む
ラベル:グアンチェ語
posted by はろは at 04:07| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

インバウンド対応、ウィルタ語、など独り言

[インバウンド対応]をぶつぶつ

訪日客のお金の使い方をみると、電気製品などから、日用品にも広がってきているようです。

つまりコンビニなどのお店でも外国人の対応する機会が増えているのでした。

販売員が英語や中国語などで接客する機会も増えています。

語学力の重要性が徐々に高まっているのでした。






[アーバダ]

ロッキー山脈に近いコロラド州のジェファーソン郡とアダムズ郡の両方にまたがる都市です。

州都のデンバーに近く、2000年には人口も10万人を越えた大きな都市です。

デンバーとボルダーのベッドタウンとしての側面もあります。

デンバー国際空港やロッキー山脈都市圏空港が近いです。






[ウィルタ語]

ロシアのサハリンのウィルタ民族が使う言語です。

黒竜江中流に分布するオロチ語と類似しているそうです。

ウィルタはサハリン(樺太)では中部・北部に暮らしていました。

南部のアイヌや、北部のニヴフとも交易していたそうです。

アイヌからはオロッコと呼ばれていたようです。



続きを読む
posted by はろは at 04:11| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

グアラニー語、ウィラドゥリ語、など独り言

[グアラニー語]をぶつぶつ

南アメリカ先住民の言語のひとつです。

パラグアイではスペイン語と共に公用語となっています。

地方部では住民の半数がグアラニー語のみを母語としているそうです。

ボリビアでも公用語となっています。

アルゼンチンのコリエンテス州ではスペイン語に次ぐ第二公用語です。





[モスコー]

ロシアのモスクワと同じ綴りですが、名前の由来は関係ないそうです。

モスコーの前はパラダイスバレーという名前だったようです。

アイダホ州の北西部にある都市です。

ワシントン州の州境に近く、ワシントン州との都市とのつながりも深いのでした。

北東にはモスコー山をはじめ、パロース山地の山々が連なります。






[ウィラドゥリ語]

オーストラリアの先住民族の言語の一つのようです。

ニューサウスウェールズ州のウォガウォガやダボなどの地名はこの言語に由来するようです。

一度母語として話す人がいなくなったようですが、復活のため学校での教育も行われたようです。

はたして教育で復活できるものなのでしょうか。


続きを読む
ラベル:グアラニー語
posted by はろは at 04:13| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

キルギス語、ウイグル語、など独り言

[キルギス語]をぶつぶつ

キルギス共和国の国語です。

キルギスは、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和制国家です。

公用語としてロシア語も使われています。

キルギスだけではなく、中華人民共和国の新疆ウイグル自治区や、カザフスタンなどなどに住むキルギス人によっても使われます。





[ブラックフット]

ジャガイモの州といわれるアイダホ州にある都市です。

「世界のじゃがいも首都」とも呼ばれるそうです。

まさにジャガイモの州を代表する都市かもしれません。

ビンガム郡に位置し、そしてその郡庁所在地でもあります。

名前からは、ジャガイモに結びつかないスマートな感じがするのですが。






[ウイグル語]

中央アジアで使われています。

中国、カザフスタン、キルギスタン、ウズベキスタンなどです。

古ウイグル語と新ウイグル語に分けられ、新ウイグル語は現代ウズベク語と非常に近しいんだとか。

アラビア語・ペルシア語・ロシア語などからの借用語の語彙も多いそうです。



続きを読む
ラベル:キルギス語
posted by はろは at 04:14| 英語について独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする